鳥好きの父は強運の持ち主です。(多分、いやとても)
先ず、太平洋戦争での出来事。
父は新発田で招集されましたが、入隊した部隊(師団や連隊)は中国での戦いが終わって。
ガタルカナル。インパール。などの激戦地を転戦しましたが。
この戦場に父は居ませんでした、ごく一部の人が部隊から選抜されて治安維持のため中国に留まったのだそうです。これはとても幸運だったのです。父の学校の同級生の多くが帰らぬ人となる中で無事生還してきました。そして中国でも激戦になる直前に内地への最終帰還で返って来たのです。
そして終戦間際に再召集となったのですが赴任地は九州部隊は二つに分けられて父が入った部隊は殆んどの人が生き残り別の部隊は爆撃でほぼ全滅。
40代に大病をして親類の人に集まってもらってくださいと主治医から言われるぐらい危険だったのですが、回復して、今年で満91歳今も仕事をしていますし、庭でトマト・キウリ・大根・ねぎ・なすびなどの野菜
春には水仙・チューリップ・つつじ・紫陽花が見事に咲く花畑を丹精を込めて作っています。
近所の先生から鳥好きのお父さんは特別ですね、選ばれた人ですねといわれるくらい健康です。神様が守ってくれるのかしら。その息子はどうなんでしょう?強運?そういえば試験で落ちた事が無い。これも血を引いているのかしら。神の子池の写真です。
d0150702_2339592.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2010-02-08 23:40 | 楽しみ  

<< 取り越し苦労 想い通りにならぬもの >>