訃報は悲しい

今日札幌でご一緒に仕事をさせていただいたK氏の告別式がS県で執り行われました。
まだ60歳まで数年残しての訃報です。体調不良となってから半年も持ちませんでした。
思えば7年余りの北海道勤務をご一緒したのですが、当時は私も若かったのでお互い退職後好きな写真でも撮れたらいいねと軽口を叩いていましたが、今本人が亡くなってみるととても悲しいものです。
彼はさっぱりとした男でありましたので、その心意気を羨ましく感じていましたが、貧血がひどくなって救急車で運ばれそのまま帰らぬ人となりました。
ご子息の婚礼の日取りを、早めるなど、彼には彼なりの覚悟もあったのでしょうが誠に残念です。
ご冥福をお祈り申し上げます。
d0150702_18413115.jpg

私より若い有為の人が亡くなるのは悲しく残念です
[PR]

by hanatori48 | 2010-02-26 18:46 | 加齢  

<< 冨士フイルムフォトサロン オリンピックⅤ >>