チェンバロ

北大へ行ってきました。
銀杏並木が新緑すがすがしい。構内を散歩して博物館へ。
中では平成16年の台風で倒れたポプラの木を利用したチェンバロの演奏会をしていました。
その昔ピアノが出来る前の宮廷音楽の主役であったこの楽器が奏でる妙なる音楽に心を癒されました。
クラシック音痴の、私のために奏でてくれたグリーンスリーブスは本当に素敵で涙が出てきました。
聴衆は、私家内それと60代の男性の3人という贅沢なコンサートでした。聞けばこの男性は抗癌剤治療の途中で初めて外出許可が出たので、北大を散歩中偶然このコンサートに参加したとのこと。とても感動していました。これがこの男性の健康を取り戻すきっかけとなって欲しいものです。
d0150702_1828914.jpg

こんないい企画末永く続けて欲しいと願いました。
[PR]

by hanatori48 | 2010-06-10 18:28 | 健康  

<< ワールドカップ 病は気から >>