ちょいわる親父

昨日S氏とランチをご一緒させていただきました。
かねてより構想を練っておられた(北海道広告写真のあゆみ)をご恵贈いただき久しぶりに
四方山話に楽しい時間を過ごす事が出来ました。ありがたいことです。
北海道の写真史を語る本といえば、北海道写真史渋谷四郎氏著函館写真のはじまり佐藤精一氏著フォトグラファーズキャラリーの田本研造が有名です。
この他、写真師や写真材料商などの業界団体がまとめた史料がありますが、S氏が今回まとめられた本は、
北海道の広告写真、いわゆるコマーシャル写真の分野を紹介した資料として、第一級のものと考えます。つねずね死ぬまでにまとめたい公言していた事業を成し遂げられた顔は晴れ晴れとしておいででした。この偉業に賞賛と感謝を贈りたい思いました。
S氏はコマーシャル写真の分野においては、大御所ですが、私生活も豪傑で私も氏のフアンです。ちょいわる親父からちょいわる爺になりましたがこれからもお元気でと願わずにはおられません。華やかな写真全盛時代の語り部として元気で100歳まで長生きしてください。
d0150702_9471480.jpg

拙い写真でごめんなさい。
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-24 09:54 | 写真  

<< 私には苦しみ 私のご先祖・・ >>