天然記念物

都会の札幌にも数多くの野生が息づいています。ヒグマ、キタキツネ、タヌキなど数え上げればきりがありません。
我が家から車で数分のところでは、こんな情景が現れます。
温泉付リゾートに隣接する、この川では 釣り人が早朝静かに釣り糸をたれています。この写真の中に天延記念物が写っているのです。(天然記念物指定の猛禽類)日本で見かける最大級の鷲尾白鷲です。
釣り人にとっては単なる鳥なのでしょう見ようともしません。
画面左上の枝にとまっているのが尾白鷲です
しばらくしてカラスに追われ若い尾白鷲は、楔形の白い尾羽を印象付けるように優雅に飛び去りました。
毎年繰り返される冬の自然の営みです。
こんな自然が何時までも続くようにそっと見守りたいものです。
d0150702_14513963.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2008-02-10 14:53 | 野鳥  

<< 尾白鷲 清水寺(せいすいじ) >>