恩人

鳥好きは今から11年前とても大変な病気になりました。
「このままでは5年生存率は一割もないですね」と宣言されました。天国から地獄でした。
本当に眠れない夜が続き体重も減りました。まさか何かの間違いと考え何軒も病院を回りました。結論はやはり厳しいものでした。
幸いその後H大学付属のK先生とお会いし主治医として治療して頂き命を永らえることが出来ました。
その方は今東京にお住まいですが、今でも主治医として何かとご心配を頂いております。
正に命の恩人です、H大学病院にはこの先生のほか多くの恩人がいますが、おいおいエピソードを交えご紹介したいと考えます。
その先生の口癖は「医者はサービス業ですから患者さんの事を一番に考えなくっちゃ」でした
毎日深夜2時くらいまで仕事をし翌朝8時には回診を開始するという方でした。
医者は仁術といいます、現在は算術という方も方も多いのに患者にとってはありがたい方です。
こんな方にめぐり会えた私は幸せ者です。
d0150702_1171285.jpg

もうすぐこの光景にめぐり合えます。
[PR]

by hanatori48 | 2008-04-24 11:09 | 健康  

<< アオジ イソヒヨドリ >>