写真の歴史

鳥好きの本棚には多くの写真関連の本があります。
中には絶版となっている貴重な本があります、北海道の写真の本が多いのですが中でも
この本
d0150702_18555273.jpg

渋谷四郎氏の編纂した「北海道写真誌」は、写真黎明期?の北海道の写真関連本としては群を抜いていると考えます。
北海道では田本研造という写真家がドキュメント写真を多く残していますが、この本では
その作品が多く掲載され、今まで日本では写真の始まりは、お土産用の写真からという定説を覆す貴重な資料としてもとても価値ある本と思います。
これと故佐藤精一氏の「函館写真のはじまり」を参照すると北海道が当時写真文化の最先端をいっていた事がうかがい知れます。
ちなみに渋谷氏は続編を発行しようとしましたが完全製本には至っておりません。
誠に残念な事です。
後に続く写真歴史家はいないのでしょうか?
[PR]

by hanatori48 | 2008-05-27 19:28 | 写真  

<< のんびり、ゆったり ミャンマー?ビルマ >>