家族愛

昨日に続きカラスの家族の続報です。
今朝、父の家に行きました、件のカラスの子供はまだ路上に佇んでいました。
d0150702_11293521.jpg
そのすぐ上の電線に親と思われるカラスが2羽そしてこの子の兄弟が電信柱に位置取り
一日中この子をを見守って元気付けています。
私が、車を降りると親ガラスがけたたましく警戒・威嚇の鳴き声を発します。
父に聞いたところ 親達は一日中こうして子供を守っているそうですそのせいか猫や他の鳥などに襲われる事も無くもう3日間もこの状態で過ごしています。
父曰くもう少し立てば羽も良くなるかもしれないとの事無事を信じて見守ります。
それにしても不眠・不休で家族を守るこのカラス一家に感動を覚えました。
[PR]

by hanatori48 | 2008-05-31 11:42 | 野鳥  

<< 旅行 子育て中の悲劇 >>