綴り方教室

昭和13年の高峰秀子主演作品「綴り方教室」を見ました。私が3ヶ月も前にリクエストした作品でとても楽しみでした。
舞台は東京ですが雨上がりの道路のぬかるみや家の作りなど鳥好きの佐渡での田舎暮らしを思い出させる映像でした。
本当のことを正直に言うとこんな不具合も起きるというような子供の純真な心と大人の常識が葛藤する。しかし主人公の明るさがこの映画を素晴らしいものにしています。
今から70年も前のでこちゃんの好演が光る映画作品でした。
母もこの映画を「入江座で見たよそのうち見せておくれ」との事親孝行できるかなと期待しています。
d0150702_22542884.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2008-11-22 23:04 | 映画  

<< 冬の使者 喜びも悲しみも幾年月・・ >>