冬の使者

鳥好きの住む札幌市内には冬の知らせとともにつぐみが飛来してきます。
d0150702_1391738.jpg

つぐみの名前の由来は鳴かないで口をつぐんでいるからと言う説もありますが、実はジッとかツイーとか短い声を出しています。
この鳥を見かける頃は地面は雪化粧です。
ナナカマドの木の実を良く食べていますが、雪解けの頃は地面に降りて給餌をします。
来年4月までのお付き合いです。
[PR]

by hanatori48 | 2008-11-25 13:16 | 野鳥  

<< 札幌の日暮れは早い・・・ 綴り方教室 >>