日雀(ヒガラ)

近くの温泉リゾートに松の木が植えてあります。
この松の実にヒガラ(日雀)が群がって実を食べています。
夏の間は林の奥にいますがこの時期は市街地で良く見かけます。
山には餌が少なくなったのと降雪や寒さで市街地に進出してきたのです。
日本のカラ類の中では最小です。最初は四十雀の子供と思っていましたが別の種類と解りました。
今の時期はカラ類が主役です、すばやく動くので撮影は大変です。
d0150702_18403571.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2008-11-28 18:43 | 野鳥  

<< キタキツネ現る 札幌の日暮れは早い・・・ >>