薬が毒にご注意

先日来鳥好きはたかが風邪で大変なおもいをしました。
咳・鼻水・高熱が3日間ほど続きました。そこでかねて用意の抗生剤・咳止め・解熱剤などを服用し
治療に勤めていました。なかなかすっきり抜けないので更に4日間ほど抗生剤を服用し安静にしていました
それでも体調がすきり戻りません。
仕方なく近所の内科医に行きました。内科の先生は「抗生剤が合っていないのかな?」と言って
点滴の抗生剤と別の内服用の新しい抗生剤を処方してくれました。
次の日も点滴そして抗生剤の服用・・普通ならこれで快方に向かうはずでしたが。
症状は返って悪化して、今度は強烈な下痢・吐き気・胃腸の痛みが出てきました。
そこで、かかりつけのH大学病院に行きましたら。「薬の飲みすぎで胃腸障害を起こしています」とのこと
良かれと思っての治療薬が返って毒となって私自身を蝕んでしまったのです。
薬が毒になっていたのです。思いのほかのことでした。
そのためこれから数日は断食して胃腸の調子を整えなくてはなりません。
実は我が家の奥さんが東京へ行くのでその前に体調を整えなくてはと一生懸命治療したのがあだとなってのです。お陰で東京行きは2度の延期をしてしまいまして航空会社にも多大な迷惑をおかけしました。
約2週間の闘病で未だに治っていません反省です。過ぎたるは及ばぬが如し。
d0150702_12301271.jpg

写真はホオジロです。
[PR]

by hanatori48 | 2009-06-10 12:35 | 健康  

<< 空腹! 佐渡弁(方言) >>