2008年 05月 23日 ( 1 )

 

森の歌い手

札幌近郊の森に次々に森の歌い手が渡ってきました。
クロ鶫・キビタキ・オオルリ・アオジ・カッコー
d0150702_22151082.jpg
などです。
特にカッコーは札幌の鳥でもあります。
でもこの鳥は託卵(タクラン)という自分の子供(タマゴ)を他の鳥の巣に産みつけ子育てを
させるという不届きな行為をするので、鳥好きはかなりの間嫌いな鳥NO-1でしたが、
それも生き残る為の仕方ないことと割り切って、今は名前の通りカッコーの鳴き声を楽しんでいます。少しの我慢で相手を観察すると良いことも見えてくるものです。
長く付き合うと良いところが見えてくる。ふうふもそうありたいものです。
[PR]

by hanatori48 | 2008-05-23 22:25 | 野鳥