2008年 05月 31日 ( 2 )

 

家族愛

昨日に続きカラスの家族の続報です。
今朝、父の家に行きました、件のカラスの子供はまだ路上に佇んでいました。
d0150702_11293521.jpg
そのすぐ上の電線に親と思われるカラスが2羽そしてこの子の兄弟が電信柱に位置取り
一日中この子をを見守って元気付けています。
私が、車を降りると親ガラスがけたたましく警戒・威嚇の鳴き声を発します。
父に聞いたところ 親達は一日中こうして子供を守っているそうですそのせいか猫や他の鳥などに襲われる事も無くもう3日間もこの状態で過ごしています。
父曰くもう少し立てば羽も良くなるかもしれないとの事無事を信じて見守ります。
それにしても不眠・不休で家族を守るこのカラス一家に感動を覚えました。
[PR]

by hanatori48 | 2008-05-31 11:42 | 野鳥  

子育て中の悲劇

我が家の近所では多くの野鳥が子育て中です。
しかし全ての卵が順調に育つわけではありません、子育て中に他の鳥に襲われたり、
託卵されたりして子育てが失敗する事も多いのです。
その中でも今回目にしたカラスの家族の事は本当に悲しい出来事です。
私の父の近くお家の木の上でカラスが子育てをしていました。2羽の子供が巣立つ時運悪く中の1羽が左の羽を傷めてしまい飛べ無くなってしまいました。
親と先に巣立ったもう一羽の3羽は翼を傷めたこのカラスの近くの電柱にとまり近寄るものを威嚇し必死に守っています、時々は餌を運んでいるようですが今日で丸2日経った子供のカラスは悲しいことに地面を20M位移動するだけで遂に蹲ってしまいました。
相当弱っているのかも知れません。
小鳥なら保護してあげる事も出来るでしょうが大きなカラスはどうしたものかと考えています。
動物園、市役所、警察などへ連絡するのもどうかと思います。
このカラスの家族の事を思う時心が痛みます。
最良の結果は傷が癒えて自力で飛べるようになる事です。
頑張って欲しいものです。
d0150702_001227.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2008-05-31 00:05 | 野鳥