2008年 08月 07日 ( 1 )

 

写真の力!


今日NHKの特集を見ました内容は原爆の被害にあった長崎を記録した米軍カメラマンの物語です。彼は真珠湾を攻撃した日本人を憎み軍隊に志願しカメラマンとして、被爆した長崎で亡くなった幼い弟の亡きがらを背負い火葬場の前にたつ「焼き場に立つ少年」と題された写真を撮影しました。彼の名はアメリカ人カメラマン、ジョー・オダネル。去年8月9日、亡くなりました。占領軍として原爆投下後に長崎に入り、その破壊力を記録するため写真を撮影する一方で、軍に隠れ内密に自分のカメラでおよそ30枚の写真を記録した。帰国後、被爆者の記憶に悩まされ、悲劇を忘れ去ろうと全てのネガを自宅屋根裏部屋のトランクの中に閉じこめ、43年間封印してしまう。しかし晩年になって原爆の悲劇を訴え母国アメリカの告発に踏み切っていく。原爆投下を信じる周囲から非難の声を浴びながら、85歳の生涯を閉じたのでした、正に四面楚歌の状態でも彼は原爆のもたらす悲劇を訴え続けたのです。
その足跡を追う息子が、遺品の中に残された録音テープを発見した。そこには写真に秘められた過去と、真実を伝えざるを得なかったオダネルの思いが告白されていた。
戦争は人を変えてしまう恐ろしい出来事です。
彼の言う「この写真に写っている人たちが私たちに何をしたというのだろう
もう二度と戦争はしてはいけません。
写真は見た人に感動を与えますが写した人の人生をも変える力があるのです。
d0150702_21325522.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2008-08-07 21:48 | 写真