カテゴリ:懐かしい思い出( 15 )

 

ライフルマン

d0150702_10293412.jpg

我が家がTVをようやく買えた頃TVでは、ちろりん村・・一丁目一番地、海外ドラマでは、家のママは世界一とか、パパは何でも知っているなどのホームドラマが放映されていました。
余りの面白さに勉強は勿論、外へ出るのも忘れて見入ったものです。相撲・プロレス、TVは娯楽の中心でした。家の一番良い位置に置かれカバーを掛けられ最高の扱いでした。勿論白黒、学校での話題も昨日のTV番組についてで、生活が一変したのです。
ライフルマンはその中でも異彩をを放った番組で、胸を躍らせたものです。
マーク少年可愛かったですね、ライフルの早撃ち練習しました。勉強はしたの!親からは注意ばかりでした。
最近ライフルマンの声が水戸黄門の初代風車の弥七の中谷一郎だった事を知り弥七フアンの私にはとても嬉しいことでした。
目を閉じると、三丁目の夕日の世界が拡がってきますあの時代も良かったな~。
両親に感謝です。
[PR]

by hanatori48 | 2009-10-26 11:24 | 懐かしい思い出  

今でも良く聞く曲

今日北大の銀杏並木に行ってきました。もう少しでまっ盛りです。
d0150702_2054933.jpg

ともかく人が多い本当に多い写真に車と人がたくさん入ってきます。
今でこの様子ですから来週後半はもっと凄そうです。
さて今日は鳥好きの良く聴く曲をご案内します。「ドミニク」という曲です。
修道女の方の澄んだ歌声は、本当に心を癒してくれます。
元々は、ドミニコ会の尼僧が夕方歌う曲として作られたこの曲は、思わぬ所で日の目を見て、1963年12月から4週間連続でアメリカNO-1ヒットを記録しました。
是非 皆さんに聞いていただきたい曲です。疲れている時には更にお勧めします。
私事ですが、この曲の入っているCDを見つけるのにとても苦労したので、尚更思い出深い曲です。
[PR]

by hanatori48 | 2009-10-25 20:36 | 懐かしい思い出  

39年前の記録

我が家の玄関に1冊のファイルノートが、塵と一緒においてありました。
見れば殆んど新品です。
奥さんに、「これ何」と聞くと「昔のものだから捨てるの」との事。
ページをめくると何と39年前私たちが結婚する直前の事が記録してあるノートでした。
興味深いのは、生活費の項目です。
新聞代が800円(3980円)NHK受信料600円(4800円)でした( )内は今の料金です。
そして石炭代1,000円というのがありました。この外に石油代というのがあるので奥さんに聞いてみると
昔はお風呂に石炭を焚いていたでしょ、との事。 もうすっかり忘れていた新婚当時に住んでいた家を思い出しました。
たった1冊のしかも数ページしか記載されていないこのノートがとても愛しくなり塵処理へ回さず残す事にしました。暫らくは懐かしい思い出に浸りましょう。
写真はもう去ってしまった流氷です。記録は大切ですね。
この流氷も温暖化でだんだん少なくなっているとの事。
d0150702_20274298.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2009-04-04 20:34 | 懐かしい思い出  

長吉顔

鳥好きのような隠居生活者を洒落て言うと「カントリー・ジェントルマン」というのだそうです。
私にはその名はそぐわないかもしれません。
写真は私の父方のおじいちゃんです。でもおじいちゃんは1873年9月に生まれています。(19世紀です)
そして1924年に亡くなっているので、鳥好きはこのおじいちゃんに会った事がありません。
51歳という若さでした。
でも故郷の佐渡に行くと「長吉の孫だかや」「よー似とるちゃー」といわれました。
話によれば使用人が何人もいて事業意欲旺盛な良い人だったそうです。
今、私が故郷に帰っても、もう長吉に似ていると言ってくれる人はいなくなりました。
寂しいものです。
d0150702_1558881.jpg

そうそう皆さん口々に「この子は長吉顔だっちゃー」といっていた。
本当に懐かしい子供時代の思い出です。
[PR]

by hanatori48 | 2009-02-25 16:08 | 懐かしい思い出  

私の母はスポーツウーマン

写真は今は取り壊された私の母校小学校です。
当時は中学校も渡り廊下でつながっていました。今は近代的?と言うより普通のコンクリート建てに変わりました。
私が小学校2年生の時担任の佐々木先生が「鳥好き君お前の母さんに今度の運動会の父兄リレーに出て欲しいが都合を聞いてくれないか」と言われました。
私は仰天したのです。聞けば、母は近郷では、スポーツ万能で通っていたのです。
徒競走では何時も一番、卓球は県大会に選手として出場するし、佐渡の地区別水泳大会にも選手で出ていたそうです。(この話をする時母の小鼻が動きます)その日から私の母を見る目が変わりました。そう尊敬の眼差しになったのです。
残念ながら母のDNAは私には伝わらなかったようで、小学校の徒競走で3位以上に入ったのはたったの一度だけ、卓球はピンポン遊びの体たらくでした。
良いところは全て弟に遺伝したようで彼は柔道・相撲・剣道の有段者です。
だから私は中学校に入ってからは弟とは喧嘩をしない事にしてもっぱら理屈で言い負かす頭脳作戦に切り替えました。
母も今は83歳そういえば寅年生まれです。父は羊なので大人しい穏やかな人です。私はどちらかな?
d0150702_1665097.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2009-01-23 16:10 | 懐かしい思い出