カテゴリ:野鳥( 145 )

 

四十から?

札幌は、昨日から悪天候で雪雪雪で除雪が大変、今日は強風が混じってさらに大変。
こんな日は我が家でDVDを見ながら過ごし、後で温泉といきたいものです。
昨日市川昆監督がご逝去の報道がありました。
ご冥福をお祈りいたします。が家には、初監督作品「花ひらく真知子より」や「ビルマの竪琴」「東京オリンピック」「かあちゃん」などのDVDを持っているので懐かしいビルマの竪琴なんかを鑑賞してみたいと思います。
小学生の頃見た映画ですが強烈な印象を与えてくれた作品です。
今日の野鳥は四十雀です。私のブログは六十からですちなみに五十雀
d0150702_13423681.jpg
はいますが三十から
や六十からという鳥は居ません。

[PR]

by hanatori48 | 2008-02-14 13:47 | 野鳥  

冬鳥

私の家は札幌の北に位置しております。
すぐ近くには自然を楽しめる場所があり野鳥の生息している林があります。
春夏秋冬いつでも野鳥観察を楽しめます。
今は冬鳥が沢山来て賑やかです。
そんな中、今日はシメ
d0150702_1214469.jpg
の写真をご紹介します。
すずめより少し大きく尾が短いのでコロコロした印象の小鳥です、黒い縁取りの顔が精悍、余り泣き声をたてません。冬は小さな群れで行動しています。
歌舞伎役者を思いおこす鳥です。
[PR]

by hanatori48 | 2008-02-13 12:08 | 野鳥  

尾白鷲

尾白鷲の写真を添付します。
あの枝にとまっている若鳥です。距離が遠いので画質が悪いのはお許しください。
d0150702_7415169.jpg
大きさは鳶を大きくしたぐらいで嘴の形も大きく、尾の先端が白いのが確認されます。
[PR]

by hanatori48 | 2008-02-11 07:44 | 野鳥  

天然記念物

都会の札幌にも数多くの野生が息づいています。ヒグマ、キタキツネ、タヌキなど数え上げればきりがありません。
我が家から車で数分のところでは、こんな情景が現れます。
温泉付リゾートに隣接する、この川では 釣り人が早朝静かに釣り糸をたれています。この写真の中に天延記念物が写っているのです。(天然記念物指定の猛禽類)日本で見かける最大級の鷲尾白鷲です。
釣り人にとっては単なる鳥なのでしょう見ようともしません。
画面左上の枝にとまっているのが尾白鷲です
しばらくしてカラスに追われ若い尾白鷲は、楔形の白い尾羽を印象付けるように優雅に飛び去りました。
毎年繰り返される冬の自然の営みです。
こんな自然が何時までも続くようにそっと見守りたいものです。
d0150702_14513963.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2008-02-10 14:53 | 野鳥  

いつも見る野鳥

私たちの周りには多くの野鳥がいます。しかし残念ながら多くの人たちに良く見る野鳥は何ですか?名前を教えてください、とたずねると大体「すずめ」「からす」「はと」「とんび」「かも」「つばめ」等と答える人が多いですね。
本当は、もっとたくさんの野鳥が存在するのです。ただ見ていないだけなのですよく目をこらすと色んな鳥が見えてきます。
今日写真で紹介するのは「ヒヨドリ」です名前の由来は泣き声がピーヨ・ピーヨというのでそれからこう呼ばれだのだそうです。
生息地は、都市から野山までどこにでも住んでいます。冬は山に食べ物が不足するので庭先にりんご等を用意すると良く集まってきます。花の蜜等も好物で桜の季節はいい写真が撮れます。ヒヨドリ花などという花ある。
義経の「ヒヨドリ越え」にも名前が登場します。
北海道では多くの固体が越冬のため本州に渡ります。地球岬などではそれを捕食する隼が有名です。一度耳を澄ましてみてください必ず声が聞こえます。
では
d0150702_618689.jpg
我が家の庭でのヒヨドリをご覧下さい。
[PR]

by hanatori48 | 2008-01-25 06:28 | 野鳥