カテゴリ:佐渡( 22 )

 

海の上の国道

私の故郷、佐渡へは普通船で行きます。
ジェットホイール(快速水中翼船)で1時間→ボーイング社製260人乗。カーフェリーで2時間30分→5,000トン超級の海路です実はこの航路は国道350号線となっているのです。これは新潟→両津→相川へと続く
れっきとした国道ですこの他にも直江津→小木、寺泊→赤泊航路は国道ではありません。
いずれにしても海路が佐渡の生命線です。
d0150702_20545047.jpg

私の子供の頃は新聞は1日遅れが当たり前。海がしけると数日間新聞が来ないのは当たり前
しかも佐渡汽船は浪に翻弄され乗り心地は極端に悪く、ひどい船酔いで陸地に着くとふらふらのありさまの時もあったのです。今は天国ですね。
そういえば緊急の時には25分で新潟空港へつく飛行機便もありますが。
乗客乗員10名なのでお勧めできません。何しろ乗用車より座席が狭いのです。
少し不便な佐渡ですがそれが自然を守ってくれているのです。来年は佐渡へ撮影に行きたいものです。
[PR]

by hanatori48 | 2010-09-29 21:17 | 佐渡  

カンゾウの咲く頃

もうすぐ梅雨に入る佐渡の6月上旬佐渡の海岸を中心にこの花が咲きます。
カンゾウ北海道ではエゾカンゾウ、尾瀬ではニッコウキスゲ
ここ佐渡ではトビシマカンゾウち呼ばれています。
カンゾウの花も良く咲く年とそうでない年がありますが。佐渡でもここ数十年段々数が少なくなって来ており心配していましたが。佐渡花の島プロジェクトが保護を開始し近年数を回復しているとのこと。また昔のように一面のカンゾウが咲き乱れる佐渡を取り戻して欲しいものです。
d0150702_14471420.jpg

出来ればこの空に朱鷺が舞ってくれたらいう事無しなのですが。
[PR]

by hanatori48 | 2010-06-04 14:50 | 佐渡  

突然・・・・

13日14日従姉の葬儀がありました。
私より14歳も年上の方でしたので小母さんという感じでした。
突然の訃報でした。交通事故しかも高速道路で追突されてのことでした。
同乗していた妹さんの涙が痛々しくてもらい泣きしてしまいました。
この葬儀に北海道在住の従兄妹達が集いました。話題は最近の健康の事、共通の故郷である佐渡の事。
それにしても悲しい一時でした。
故人はとても話好きな方で彼女が話に加わるとみんなが笑顔になるような方でした。
春の花のような方、いい人、優しい人を亡くしました。後は写真だけが彼女を偲ぶ導です。
写真は大切と考えました。 合掌。
d0150702_1121988.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2010-05-15 11:22 | 佐渡  

お寺の鐘

写真は佐渡大願寺の鐘楼です。
中には立派な鐘があります。除夜の鐘もこの鐘楼から撞くのです。
d0150702_19421391.jpg

寺が建立されたのは江戸時代です。
(元々は16世紀より前の建立だったのですが、直江兼続率いる軍勢が佐渡を平定した時に
焼き払われそれを江戸時代に再興したものです。)
疑問なのは、この鐘を撞くための」時間をどう計っていたのでしょうか?という事です。
夕焼け小焼けで日が暮れて・・・で適当に鐘を撞いていたわけではないでしょうが。
今のように正確な時間が分からない時にこの鐘の音は時報もかねていたようです。
この次佐渡へ行ったらこの疑問を解明したいと考えています。
歴史には尽きない疑問が隠されているものですね。
[PR]

by hanatori48 | 2009-09-05 19:59 | 佐渡  

佐渡弁(方言)

鳥好きは佐渡で生まれました。
色んな地方にお国訛りや方言がありますが北海道に来たころは方言が強くて悩まされたものです。
例えば「こわい」と言う言葉、北海道では疲れたと言う時に使います。
標準語では「怖い」佐渡弁では、「オソギャー」が怖いという意味です。
丸出しの佐渡弁で話す私は失笑を買い不快な想いをしたものです。
私の言葉が余程だったのかクラスの人に「お前何いってるか解らない」と言われていました。
仲間はずれにならなかったのは、成績が悪くなかった体と思います。
それから私は必死で標準語を習得し、社会人になった時にはアナウンサーのような喋り方ですね
と言われるようになりました。
私にとっては普通になった事がとても嬉しかったのです
二年ぐらい前でしょうか日経新聞のコラムで財界人の重鎮が佐渡出身の方と話す佐渡弁がとても心を癒すとの記事がありましたが、そういう事があれば良いなーと感じる今日この頃です。
年齢によって人の心も変わるのですね。
誰か一緒に佐渡弁話してくれっちゃ~。が今の私の心です。
写真は雀
d0150702_21135082.jpg

普通の鳥です。
[PR]

by hanatori48 | 2009-06-03 21:21 | 佐渡  

もうすぐ6月

d0150702_20185711.jpg

佐渡は6月になると「カンゾウ祭り」が開催されます。佐渡と言えば金山とおけさが皆さん記憶に残るのでしょう
しかし佐渡観光の目玉にがあります。この花は母の里の果樹園に咲いた薔薇の花です。
この果樹園ではりんご・洋ナシなどを栽培しているのですが。
空き地に薔薇を500本ぐらい植えています。
6月ともなれば薔薇見学に島民が沢山来ます覆い日には観光バスがやってきたりするそうです。
カメラマンも多く良い写真が出来ると作品を送ってくださるとの事。私は駄作なので送っていませんが朝露
のこんな情景も良いものですね。撮影データーでは2007年6月10日とありました。
[PR]

by hanatori48 | 2009-05-28 20:30 | 佐渡  

万景峰号

北朝鮮が本日ミサイル?か人工衛星?を発射しました。人工衛星なら打ち上げですか。
佐渡はかの国と比較的近く、鳥好きの実家のすぐ近くで曽我ひとみさんが、拉致されています。
曽我さんの菩提寺には、鳥好き家代々の墓があり、お墓参りに行くと、近くには曽我さんや三浦さん、臼木さん等のお墓が固まっています。
日本海(朝鮮では東海といいます)を渡ればお互い隣同士なのに、今は敵同士のような関係です。
この写真の万景峰号も今は寄港することもなくなってしまいました。
d0150702_22273233.jpg

  佐渡への旅行時に新潟港に停泊中を撮影
昔の事を言い募る彼の国、最近の非人道的な所業を暴くと息巻いているわが国、お互い憎しみ合っていますね、何か良い知恵を出して仲良く出来ないのでしょうか?
全くの素人の私は属国になった経験もないし、名前や日本語を話せなくなった経験もない。
拉致されて、家族と離れ離れになった事もないのでこんな極楽トンボのような言い方しか出来ませんが、とても心を痛めています。お互い国民が憎しみ合ってはいけない、信じあえないものでしょうか。
いつか時が解決してくれる事を期待しています。
[PR]

by hanatori48 | 2009-04-05 22:34 | 佐渡  

直江の足跡

佐渡の丁度真ん中に五重塔のある立派なお寺があります。
d0150702_16245156.jpg

このお寺は戦国時代、佐渡の有力豪族本間氏の居城であった雑太城のあった所です。
これより前は佐渡は上杉の領土ではなかったのですが、天正年間、上杉影勝が佐渡に進攻
し佐渡一帯を領国の一部としました。
その後直江兼続によりこの城と近隣は妙宣寺に寄進され現在に至っています。
上杉家は佐渡金山からの採掘で多くの資金を得て領国の経済を潤わせたという事です。
今、このお寺は観光の名所となっていて庭には四季折々花が咲いて訪れる人を慰めています。

こんなところにも直江兼続の足跡が残っています。
[PR]

by hanatori48 | 2009-03-08 17:08 | 佐渡  

佐渡の人

鳥好きの 両親は、北海道で暮らすようになってもう50年です。
しかし、私には二人とも佐渡の人です。何よりも私たちと話す時は佐渡弁がでます。
私も、子供のときは佐渡で暮らしたので、佐渡の方言は理解できます。
何だか懐かしくホッとするこの方言を何時までも聞きたいと願っています。
でも、もうすぐ父は90歳母は83歳大正の人なのです。
達者で長生きしてくれちゃと願いながら鳥好き夫婦は毎日のように両親の家へ
ご機嫌伺いに通っています。
老人クラブの方々は「お嫁さんが迎えに来たよー早く帰りなさいよー」と母をお送り出してくださいます。我が家の奥さんは、孝行嫁として評判のようです。<感謝と心で言っています>
今日の写真は北大の銀杏です。
d0150702_2217086.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2008-11-13 22:30 | 佐渡  

ルーツ

d0150702_2075675.jpg

鳥好きは佐渡出身です。
文政5年4代前の長吉が分家を興しました。
代々長吉→長太→代蔵→光雄→鳥好き→息子と続きます。
後14年で200年になる歴史です。何か記念イベントでもやりますか(笑)
ルーツでした。
追記、この年有珠山で過去最大の大噴火があったことが確認されています
[PR]

by hanatori48 | 2008-11-06 20:20 | 佐渡