<   2008年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

カルガモ

前回の真駒内の公園はエドウイン・ダン記念公園と言うのだそうです。そういえば立派な銅像
が建っていました。
さて今回の写真は鴨です、名前はカルガモ
d0150702_18364132.jpg
他のカモ類の雌と間違いそうですが。
嘴と顔で容易に区別できます。
これからの季節他の鴨と混じって暮らす事が多いので遠目では混同しそうになります。
撮影地中島公園
[PR]

by hanatori48 | 2008-10-19 18:37 | 野鳥  

札幌の紅葉

真駒内にある小さな公園でのスナップです。
d0150702_18355724.jpg

この公園は桜やもみじの紅葉が鮮やかでしたがこのカットが心に残りました。
華やかなカットもいいですがなんでもないこんなシーンに落ち着きを感じるのは年のせいでしょうか。
札幌は季節がはっきりしていて好きです。そろそろ山には雪の便りかと思ったら今日の最高気温が18度とのこと9月中旬の気温温暖化進んでいるのを肌で感じます。
昨年は暖房の室温設定を下げましたが今年は更に室温を下げなくてはいけないのですね。
[PR]

by hanatori48 | 2008-10-18 18:57 | 写真  

阿寒湖の紅葉

鳥好きは阿寒の町を通り過ぎましたがこの時、紅葉橋には足を止め撮影をしました。
d0150702_20669.jpg

最高の紅葉では無かったもののもみじが綺麗に赤になっていました。
今回は時間の制限があったので行ってきました写真になりましたがゆっくりと時間を掛けて
又来たいポイントです。次回は2110万画素のカメラで挑戦です。
[PR]

by hanatori48 | 2008-10-17 20:16 | 写真  

神の子池の住人

神の子池には住人がいます。
オショロコマです体長20cm程度
身体の側面の橙色が鮮やかです。
透明度の高いこの小さな池(周囲200M余り)には何十匹ものオショロコマが泳いでいます
ストロボ撮影です。
子どもの頃佐渡の灌漑用の溜池で見た魚の情景とダブって見えました。
本当に手が届きそうな場所で悠然と泳いで餌を捕っていました。
自然って良いな~。
d0150702_7394068.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2008-10-16 07:43 | 写真  

神の子池の失敗

鳥好きは道東旅行のついでに神の子池に行きました。
元々今回の旅行は撮影が目的ではなかったのと、天気予報が雨模様とのことだったので
撮影機材は十分な準備をしていきませんでした。
特にPLフイルターを持参しなかったのでこの池では写りこみがひどく散々な写真になりましたが一応記念に撮影しました。
鳥好き失敗の巻きでした。
d0150702_13445927.jpg

最近この手の失敗が多くなりました。
息子のお嫁さんから「又この次ですね」と優しい言葉に慰められました。
三脚も忘れ無いようにします。そして撮影の時間を考えることが大切ですね。未熟
[PR]

by hanatori48 | 2008-10-15 13:56 | 写真  

紅葉の旅で出会った可愛い野生

紅葉の旅ではこの子に出会いました。
冬眠の前で今が一番大変な時期なのでしょうせっせと食べ物を口の中の袋に溜め込んでいました
d0150702_2311117.jpg

この子にとっても鳥好きにとっても突然の出会いだったのです。
取りあえずとっさに付いていたレンズで撮影してみたのですがいい表情が撮れていて安心しました。
この子も危害を加え無い無害な人間と認識したのかこの後草むらで木の実を頬張り姿を消しました。
[PR]

by hanatori48 | 2008-10-14 23:08 | 写真  

紅葉の旅

北海道内は札幌周辺・道東が紅葉のピークを迎えました。
鳥好き夫妻は小樽・阿寒・裏摩周等を旅してきました。旅の目標は東京からの義妹夫婦との会食そして息子夫婦に会う為ですので気楽にスナップ用のカメラを持っての旅行でした。
先ず小樽この日義妹夫婦と会っている時間だけ雨が止むというような天気でした。
小樽にはこの夏のK氏の写真展以来でしたが、街中は観光客のみという感じでした。
北一ガラスなどで買い物をして、お決まりの寿司ランチ、私たちも立派な観光客です。
小樽の町で見た蔦の紅葉です。
d0150702_193447.jpg

この お家の人は窓をどう開けるのかしら?と疑問に感じました小樽の風情を心に刻んだ一カットです。
[PR]

by hanatori48 | 2008-10-14 19:16 | 写真  

ノーベル賞Ⅱ

今年のノーベル賞受賞者報道で日本では4名の日本人と報道されていますが。
お二人はアメリカに帰化されています。国籍はアメリカ人なのです。
しかし広い意味で私たちは日本人と思っていいます。研究の基礎部分は日本人であった時に
構築されているからという理由もあります。
当時は、このような基礎学問はアメリカに行って研究しなくては、ならない事情があったんだそうです。一つは日本自体が貧しかったので学者・研究者が生活にも窮する有様でその上研究費を捻出する術が無かったのでしょう。残念な事です。今はどうなのでしょうか?
何でも効率化や、改革、利益優先主義を叫ぶ人が時代の寵児ともてはやされる、今の日本からいい研究者がすくすくと育つのでしょうか?そうでないような気がします悲しい事です。
札幌のH大学にも寄付を受ける口座がありますが個人の寄付がとても少ない事に驚かされます。私もいつか寄付をしたいと考えています。しかし大切なお金なので十分考えて一番有効な部門を選びます。
写真はパイナップルの花です。美味しい実りの為には肥料と手間を掛けてやることが大切なのです。
d0150702_2146215.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2008-10-09 21:49 | いい話  

ノーベル賞

世界株安などで暗い話題の多い中、昨日ノーベル物理学賞に3人の日本人が選ばれました。その中で益川さんの
d0150702_822569.jpg
インタビューに感動しました。
益川氏はノーベル賞受賞は「そんなに嬉しくない」と言っておられましたが。南部さんとの同時受賞に話が及ぶと顔がくしゃくしゃになり「南部先生は雲の上の人南部先生の研究は我々のバイブルでした南部先生と同時にこの賞をいただけることがとても嬉しい」とメガネの上から涙を拭きました。よっぽど嬉しかったのでしょう。鳥好きももらい泣きしました。
南部さんはアメリカで小林・益川両氏との受賞がことのほか嬉しいとコメントしています。
とても謙虚なすがすがしいコメント
朝から胸いっぱいに感動が溢れてきました。良い人たちだなー。
私も私なりのノーベル賞を目指しましょう。そして謙虚な心を持ちましょう。
この花は晩秋に咲き誇るコルチカムです撮影場所は父親の庭です。
他の花がしぼむ中元気な花は勇気を与えらてくれます。
[PR]

by hanatori48 | 2008-10-08 08:07 | いい話  

秋深し

写真は札幌郊外の紅葉です。
d0150702_78049.jpg

あき深しを感じさせます。
更け行く 秋の夜 旅の空~の何だか感傷的になりますね・・この日は曇りだったためでしょうか
今年も色々ありました。もうひと頑張りですね。
[PR]

by hanatori48 | 2008-10-07 07:13 | 写真