<   2009年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

お客が来なくても良いのかしら?

車で10分ぐらいの所に釜飯屋がオープンした時の事です。
私たち夫婦は早速夕食を摂りに行きました。新しい店だったので内装も綺麗でした。
オープンセールという事もあり価格もお安く設定されていました。
私たち夫婦は両親にも来て貰おうと考えましたが、釜飯の量が多いのが気になりましたので、
お店に聞きました「又来たいのですが、釜飯の量が多いので4人で来て釜飯を3個頼んで皆で食べて良いでしょうか?」「何しろ90歳ぐらいの老人が2人いるので」と尋ねたのですが、答えは「ダメです。うちは一人一個が原則ですから」しかも店主と思しき人が出てきて、不快そうに言い放ちました。
私たち二人は思わず顔を見合わせました。会計が終わったあと。
二人でもう二度とこの店は来ないようにしようと言いました。
私たちは大したお客ではないですが、又来たいというお客にこのような対応をするお店は初めてでしたのでびっくりでした。良い勉強をさせてもらいました。
お客様を向いていないこのお店やっていけるのかなと他人事ながら不安でした。
d0150702_12251286.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2009-09-11 12:28 | 楽しみ  

雨を予感させる雲

昨日、伏古川を夕方の散歩に行きました。日の落ちるのが早くなるのを実感するようになりました。
この時期から、うつ病になる方が増えるのだそうです。
インフルエンザとうつ病何れも避けたい物ですね、そのためには楽しいことを考えて未来に希望を持ち更に、うがい・手洗い・マスクなど予防を忘れない事ですね。
この日の空にはこんな雲が。
d0150702_22292656.jpg

天気予報も雨でしたが、果たして夜中に雨が降りました。
よく天気は西からといいますがこれも当たったようです。
やっぱり空も美しい夕焼けが良いな~と願いました。
[PR]

by hanatori48 | 2009-09-10 22:48 | 散歩  

お風呂

我が家は築30年お風呂も新築当時のままでした。
ここ2年は、近所の温泉スパリゾートの会員になり温泉7割自宅の風呂3割の生活をしていましたが、9月にお風呂をリニューアルしました。
やはり新しいお風呂は良いものですね。
そこでお風呂で聞けるラジオをプレゼントしてもらい日ハムの野球中継を聞きながらの入浴をしました。
ミッキー型のこのラジオです。
d0150702_18132628.jpg

結構優れものです。
でも長風呂で疲れないようにして程ほどの時間で上がるようにします。
ソフトバンクが追いかけて来たので頑張って一位をキープして欲しいものです。
[PR]

by hanatori48 | 2009-09-09 18:19 | 楽しみ  

秋の使者

近所の森に出かけました。
トンボが沢山枝という枝に停まって羽を休めていました。
アキアカネですね、季節は確実に進んでいます。
d0150702_15152534.jpg

秋は果物が美味しい時。
故郷の佐渡から梨が届きました。これから柿、葡萄、りんご、洋ナシが届くのが楽しみです。
中でもルレクチエ、冨士、おけさ柿が絶品です。
果物は身体に良いのです。
[PR]

by hanatori48 | 2009-09-06 15:39 | 写真  

お寺の鐘

写真は佐渡大願寺の鐘楼です。
中には立派な鐘があります。除夜の鐘もこの鐘楼から撞くのです。
d0150702_19421391.jpg

寺が建立されたのは江戸時代です。
(元々は16世紀より前の建立だったのですが、直江兼続率いる軍勢が佐渡を平定した時に
焼き払われそれを江戸時代に再興したものです。)
疑問なのは、この鐘を撞くための」時間をどう計っていたのでしょうか?という事です。
夕焼け小焼けで日が暮れて・・・で適当に鐘を撞いていたわけではないでしょうが。
今のように正確な時間が分からない時にこの鐘の音は時報もかねていたようです。
この次佐渡へ行ったらこの疑問を解明したいと考えています。
歴史には尽きない疑問が隠されているものですね。
[PR]

by hanatori48 | 2009-09-05 19:59 | 佐渡  

4つの結婚

今日1944年8月製作の「4つの結婚」と言う映画を見ました。
d0150702_19332169.jpg

この月日本軍は各地で苦戦を強いられ、キスカ島には米軍が上陸、ヨーロッパ戦線ではシチリア島が陥落
イタリアは降服。こんな時代の中で製作されたこの映画は太宰治の原作ということもあり、明るい娯楽映画になっています。高峰秀子(二十歳)の明るい笑顔がこの映画の救いです
高峰秀子演ずる小坂家は、長女の夫は戦死、次女の夫は戦地、三女の夫は中国へ赴任、自分の婚約者は召集令状が来てしまう。こんな大変な状況なのに最後の笑顔が救喰ってくれます。
私は良い時代に生まれたものだとつくづく感じました。
そういえばこの映画キャストの紹介字幕も無く突然本編が始まり、更に富士山がとてもおかしな合成だったりやはり非常事態を感じさせられました。戦争はいやですね。新政権もこんな戦争をしなくても良いように頑張ってくださいね。
[PR]

by hanatori48 | 2009-09-01 19:52 | 映画