<   2009年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

続・氷点

三浦綾子氏の小説「続・氷点」を読んでから良く出てくる、北大や道庁赤レンガ庁舎・中島公園・Gホテルを歩く事が多くなりました。
と言ってもこの小説の時代には西4丁目には跨線橋があり今とは大分趣が変わっていましたが。
北大の中も三浦氏は良く歩いていたようです。ここは野鳥も沢山いるのです。
中でも工学部の池は水鳥が良く来ています。マガモはこの池の主です。
この池だけに通いつめて写真を撮る女性カメラマンもいるぐらいです。たまにこんなカットもいいものかもしれません。
d0150702_2104972.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2009-11-23 21:01 | 散歩  

寒い日

本日H大学に定期検査、受診した結果肝機能以外は正常 ホッとしました。
おそるおそる「新型インフルエンザのワクチン接種を予約できますか?」と聞くと勿論OKですとの事。
鳥好きは喜びましたが、主治医の先生から「喜んでは困りますそれだけ危険という事ですよ」
と釘を刺されてしまいました。そう私は危険な人グループだったのです。
少し笑顔が凍りつきそうになりました。
帰りに工学部の池を散歩したらこの光景。
d0150702_2234328.jpg

水面が凍りついて落ち葉が三重に透けて見えました。まるでモザイクを掛けているようです。
この落ち葉は全て氷の中に閉じ込められているのです。
外の外気温はほぼ零度心も風景も凍る寒い一日でした。
でも東京の先生からは何でもいいから予防対策をしなさいと言われていたのでその点はクリアできました。
[PR]

by hanatori48 | 2009-11-20 22:14 | 散歩  

さようなら紅葉

明日はH大学の受診です。
銀杏並木の紅葉も終わり今は銀杏(ぎんなん)がまるで葉の様に、寂しく枝についているだけです。
今年は赤い葉が特に良かったようです。
d0150702_22143884.jpg

この写真もH大学で撮影したものです。まるで京都のようですね。
撮影した場所は博物館前です
来年までさようならこれからは雪の写真ですね。厚着をして撮影にチャレンジ!します。
[PR]

by hanatori48 | 2009-11-19 22:20 | 写真  

大姥百合

五戸の森には大姥百合が沢山咲きます。
今は、この状態で種を撒き散らして枯れていきます。
d0150702_21434632.jpg

でもこの花はこの後7年経って初めて花を咲かすのだそうです!まるで蝉のような花です。
こんなに頑張って花を咲かせるのに残念ながら綺麗とか言ってくれる人はいないのです。
可哀想ですね。これからは私が褒めてあげましょう。でもなぜ7年も花を咲かせないのでしょうか?
そこが疑問です。命の連鎖は不思議です。
[PR]

by hanatori48 | 2009-11-18 21:53 | 散歩  

歯は大切です。

先月よりH大学歯学部に通っています。
前歯が冷水を飲むとしみるようになったのと歯の根元が黒ずんできたので受診したのです。
結果は前歯2本の神経を抜く、そして他の歯にも歯磨きの不十分な所がありますとの事。
痛い思いをしています。毎日4回しかも毎回15分の歯磨きを欠かさなかった鳥好きはショックでした。
歯科衛生士の指導の下正しい歯磨きを励行していますが、目だって歯の根元、表面がすっきりしたような気がします。思えば2000年、2004年に全ての歯を治療していたので安心していましたが。
やはり慢心があったのですね。今80・20運動の瀬戸際ですが頑張りたいと考えています。
このリスが羨ましい。
d0150702_19383088.jpg

歯が悪いと食事を十分に取れない。租借できないので胃腸に負担を掛ける。歯周病菌が全身を回り免疫力を低下させる。いずれにしても毎日の正しい歯磨きが健康の秘訣です。お互い気をつけましょう。そして早めに歯医者さんに行きましょう。
[PR]

by hanatori48 | 2009-11-17 19:47 | 健康  

入れ替え

茨戸のこの川には、いよいよ冬鳥として鴨類が多くなってきました。
その変わり、漂鳥のアオサギは姿を消しつつあります。
d0150702_21303379.jpg

日がな一日この場で魚を取っていたこの鳥ももう今はいません。
寂しいと思いますが。
1月になればこの場所には、オジロワシがやってきます。運が良ければオオワシ・シマエナガなどの鳥を見る事も出来るのです。
私にとってはどちらも楽しみ楽しみの入れ替えです。
写真の腕前も上げなくては・・・・こればかりは季節で変えられません。勉強あるのみですかね。
[PR]

by hanatori48 | 2009-11-16 21:39 | 野鳥  

懐かしの名画

三十三間堂は京都にある蓮華王院のお堂です。南北66間121Mの長さがあります。江戸時代このお堂の間を矢を射通す通し矢が盛んに行われました。
紀州藩佐和は通し矢6,200本を記録し日本一の称号を受けます。紀州藩の面目はいやがうえにも高まったのです。
しかし尾州藩の星野勘左衛門が8,000本を通し、佐和の記録を破ります。
佐和は紀州藩の名誉の為再び通し矢に挑みますが、7,200本しか成功せず責任をとって佐和は切腹をして果てます。そして時は流れ佐和の息子大八郎が父の遺志を受け、無念を晴らすべく通し矢に挑みます。
しかし十七歳の若輩者の大八郎にはこの挑戦はとても大変で自信を失ってしまいます。
苦悩する大八郎の前に唐津勘衛なる男が現れ励ますのでした。自信を取り戻した。大八郎は通し矢に挑みますが、思わぬ事態が起きてしまいます・・・さてどうなるのでしょうか。
d0150702_1751271.jpg
昭和二十年六月製作の成瀬巳喜男得意の人情溢れる名作です。
長谷川一夫、田中絹代さんが出演成瀬フアンでなくても最後のシーンはすがすがしい感動を味わえるお勧めの映画です。
鳥好きはDVDに保存して何回も見ています。
[PR]

by hanatori48 | 2009-11-14 18:11 | 映画  

名優森繁逝く

森繁久彌氏がご逝去されました。
たまたま昨日は以前購入していた「恍惚の人」のDVDを午前中に見ていました。
勿論、高峰秀子さんもこの映画に出演、更に脚本松山善三氏 DVDは買ったもののテーマが痴呆・老人・死
という事で長い事仕舞ったままでした。見終わった後TVで訃報。
森繁氏の出演作品では
「夫婦善哉」「次郎長シリーズ」の森の石松などを見ました。
北海道と森繁といえば知床旅情というぐらい名曲を残していました。
元務めた会社では何かイベントがあるとこの歌を歌ったのを懐かしく思い出します。
そのときお世話になった所長さんと10日程前にお話しましたが、もう84歳になっておられました。
d0150702_1346512.jpg

私のことをまだボクちゃんの印象しか無いと言っていましたがお互い年をとったものですね。
お互い健康で長生きしたいものです。
[PR]

by hanatori48 | 2009-11-11 13:52 | 映画  

キタキツネ

五戸の森で最近めっきり見かけなくなった動物にエゾリスとキタキツネがいます。
どちらもこの公園が整備されてから殆んど見なくなりました。
理由は 人がたくさん来るようになった事、近所の林との連絡が道路によって遮断された事。
が上げられるのではないでしょうか。早朝良く来ていたこのキタキツネも今は巣穴を別の所に移したようです
d0150702_12514599.jpg

私も含めて自然破壊は人間が原因ですかね。
[PR]

by hanatori48 | 2009-11-10 12:55 | 散歩  

薄野

昨日薄野で会食、A氏ご夫妻と私は5年ぶり。家の奥さんは半年振りでした。
色々話が弾み気がつけば4時間もお店にいました。
A氏のブログ写真の素晴らしさを教えていただいたのが何よりの収穫でした。
私も頑張って撮影したいとものと考えると来シーズンが楽しみです。
A氏ご夫妻の奥様の性格が鳥好きとそっくりで、ご主人の性格は我が家の奥さんと似ているのを知りました。
せっかち、臆病者の鳥好きの欠点を調和してくれる家の奥さん、その逆のAさんご夫妻どちらも、夫婦仲はとても円満です。
d0150702_22141514.jpg

お刺身美味しかったです。
[PR]

by hanatori48 | 2009-11-09 22:17 | 楽しみ