<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

猛暑・・・

今日の札幌は最高気温34.1度ともかく暑い。
窓を全開にして扇風機を回しっぱなしで凌ぎました。
クーラーは我慢で過ごしました。省エネの為の我慢ですな?
ともかく何十年ぶりの厳しい残暑だそうです。でも外では蜻蛉が舞う秋の気配が濃厚なのです。
d0150702_2323590.jpg

この蜻蛉の名前がわかりませんが、アキアカネやヤンマの姿も見かけました。
そういえば今年は泳いでいませんでした体力があるか心配ですが泳ぎたいものです。
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-30 23:29 | 写真  

バン

屯田遊水池に歯前からクイナ類が棲んでいます。
今日は遠くからですがバンを見かけました。
d0150702_16273974.jpg

夏羽なので嘴が黄色と赤でとても綺麗です。
この場所は3月まで凍結していて野鳥の影も無かった事を考えると夢のようです。
北海道は野鳥の天国ですね。
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-29 16:37 | 野鳥  

私には苦しみ

円山にはこんな遊戯施設があります。元々は中島公園のこどもの国としてあった施設でしたが、
合理化のため円山動物園に移転されたのです。
私は極端な高所恐怖症で地面よりも2M以上高い所が苦手。
皆さんにとって楽しみが苦しみになるのです。この乗り物も昔ひどい目にあってるのでご遠慮
申し上げました。
遊園地は私にとって恐怖のエリアなのです。誰にでも苦手なものはあるのです。
d0150702_2240731.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2010-08-27 22:41 | 楽しみ  

ちょいわる親父

昨日S氏とランチをご一緒させていただきました。
かねてより構想を練っておられた(北海道広告写真のあゆみ)をご恵贈いただき久しぶりに
四方山話に楽しい時間を過ごす事が出来ました。ありがたいことです。
北海道の写真史を語る本といえば、北海道写真史渋谷四郎氏著函館写真のはじまり佐藤精一氏著フォトグラファーズキャラリーの田本研造が有名です。
この他、写真師や写真材料商などの業界団体がまとめた史料がありますが、S氏が今回まとめられた本は、
北海道の広告写真、いわゆるコマーシャル写真の分野を紹介した資料として、第一級のものと考えます。つねずね死ぬまでにまとめたい公言していた事業を成し遂げられた顔は晴れ晴れとしておいででした。この偉業に賞賛と感謝を贈りたい思いました。
S氏はコマーシャル写真の分野においては、大御所ですが、私生活も豪傑で私も氏のフアンです。ちょいわる親父からちょいわる爺になりましたがこれからもお元気でと願わずにはおられません。華やかな写真全盛時代の語り部として元気で100歳まで長生きしてください。
d0150702_9471480.jpg

拙い写真でごめんなさい。
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-24 09:54 | 写真  

私のご先祖・・

私のルーツは生年が特定できる限りでいうと5代前の長吉に遡ることが出来ます。
長吉は1822年佐渡の中央に位置する四日町という場所で生まれ、それ以来代々長吉を名乗り商売をして、一応の成功を納めていたようです。佐渡の特産である竹細工のざるを製造し北海道へ運び商いしていたことで後に私が北海道に来る縁となったのです。
実は長吉は分家する際苗字のの字をに変えて他の一族と区別したようです。
この1822年の出来事としてはブラジルがポルトガルから独立し、日本では文政5年名君として誉れの高い上杉鷹山が逝去した年です。長吉のことは菩提寺である大願寺(写真)
d0150702_154156100.jpg
の過去帖から知る事が出来ます。
但し一番先の長吉は写真や絵が残っていないのでどんな風貌か知る事が出来ません。
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-22 16:08 | 昔話  

故郷佐渡を振り返り・・

鳥好きは佐渡の生まれです。少年時代をこの島で過ごしました。皆さんは佐渡といえばどんな印象を持ちますか?
Ⅰ、流刑の島 Ⅱ、朱鷺の島 Ⅲ、小さな島Ⅳ、佐渡おけさ Ⅴ、金山
というのが代表でしょうか。
面積は東京23区にほぼ匹敵、人口約7万5千人結構広い大きな島です。
日本海に浮かぶこの島は昔から京との交流が盛んで又江戸とも金山の関係で交流があり、田舎なれども
文化の薫り高い土地でした。日本の能舞台の三分の一が現存しているのです。
それは佐渡が天領で他の地域よりも年貢が軽く住民に余裕があったためとも言われているのです。
そして自然豊なのんびりした時の流れがゆっくり過ぎるようなこの土地が故郷です
私はこの土地で1948年に生まれました。
日本海に近い海岸の岩場には今でもこのようにカンゾウの花が咲き誇ります。佐渡は花の島でもあるのです。
d0150702_1144065.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2010-08-21 11:17 | 懐かしい思い出  

カラスの子育て

電線に二羽のカラスが。
この二羽は親子です。嘴の赤い方が子ガラスで餌をねだっているところ・・・
d0150702_2175698.jpg

実は丁度この時期スズメも我が家の近くの電柱で雛が孵ったばかり・・
子育てエリアが一緒で、しかもカラスにとってはスズメのは美味しいご馳走なのです。
ある時は子育てしているスズメの巣の真上にカラスの親子が居座るという事件が発生しあわやという事がありましたが、今はお互い雛を無事成長させています。
お互い良かったですね。そして厳しい生存競争はどこにでもあるのですね。
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-20 21:31 | 野鳥  

我が家のおてんば

我が家にはピーちゃんというインコがいます。
ペットショップから我が家に来てもう一年、覚えた言葉は「もしもしピーちゃん」と
意味不明の数語だけ、「雄なら良く喋ります雌なら喋りません」と店員さん。
「それなら雄をください」今は雄雌不明ですからご自分で選んでください。と見た目が綺麗なのを選んだのですが、見事はずれ喋らない雌である事が判明、しかもとてもおてんば
籠から出すと飛び回りそこら辺を突付きまわしうんちを飛びちらし、人の食べてるものを欲しがり
茶碗やグラスの中に顔を突っ込んで髪の毛、手を突付きまわします。
そこで世話役である鳥好きは耐えかねて、ピーちゃんに長期の入籠を命じたのです。
この写真は久しぶりの娑婆へ出たピーちゃんの雄姿です。
今朝もピーちゃんおはようにもしもしピーちゃんと答える学習能力に乏しいこのピーちゃんでも可愛い。
d0150702_10105865.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2010-08-19 10:11 | 写真  

ブラガール

近くの伏籠川に夕方こんな情景が・・・・
ブラスバンドで活躍中の女子演奏者が夕暮れの涼しい時間に練習しているのです。
まもなくカラスが塒に帰るひと時まで・・・
河原を散歩する人たちに文化の香のプレゼント!
夏らしくていい風景ですね。
d0150702_1445102.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2010-08-18 14:45 | 散歩  

今日は散歩はお休み・・・

今日は雨なので散歩はお休みです。
朝4時過ぎに目覚めた時は珍しく朝焼けが綺麗でしたが。
今年の札幌の夏はともかく異常です。
札幌の夏といえば澄み渡った青空、気温は30度オーバーしても日陰に入れば爽快な風が吹きぬけ
夜は気温が下がり快適に睡眠につくことが出来ます。木々は緑を深め札幌のベストシーズンのはずですが
今年は湿度が高い内地の梅雨時の気候にそっくり。過ごしにくいことおびただしい。
(我が家の居間の湿度80%、室温26度)

クーラー・扇風機の売れ行きが凄いとのこと。このような札幌の夏の情景はひょっとして9月の頃かしら
d0150702_1884854.jpg

温暖化阻止はもう待ったなしなのかもしれません
マイカーを極力利用せず自転車・バス・JR、近所の買い物は歩くなどを励行しましょう。
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-11 18:16 | 散歩