<   2010年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

大きな鯉が・・・・・

散歩のコースに川があります。
釣り人が何時も糸をたれているのですが鳥好きは釣はやらないので川の魚には無関心でした。
しかし大きな魚がいる事は確かのようです。
先日橋の上から撮影した鯉の写真です。ともかく大きい鯉でした。この川の主かな?
多分目の下50センチは優に越えているようですが、正確なことは不明です。
d0150702_18153934.jpg

この川にはアオサギ、カワセミ・川鵜、カモ類、カモメ、鳶などが多く飛来して採餌をしていますがこれほどの大物は、稀に見るオジロワシ位しか捕食できないでしょう。

巨大化することの意味もあるのですね。
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-07 18:24 | 散歩  

カラスのお宿は

今日の札幌は暑い!暑い!両親の家に行ったら扇風機が大活躍。
我が家も窓を全開です。そのお陰でクーラーは使わないで凌ぎました。
恒例の(高齢の?)散歩はPM6:30スタートして。歩数計では8,000歩を越えました。
今日は夕日が沈む空を塒に急ぐカラスの一群を撮影
d0150702_21432136.jpg

画面では判りにくいのですが50羽以上が写っています多分防風林にでも向かっているのではないかと思われます。♪カラスが鳴くからか~えろ昔唄った一節です。拡大写真はこれ。
d0150702_21524568.jpg

[PR]

by hanatori48 | 2010-08-06 21:54 | 野鳥  

今年の夏は・・

今日の札幌は30度を越えました。しかも湿度が高い。
この夏はこんな天候が多く北海道の夏は、すっきりした青空、爽やかな風、という従来の北海道の夏のイメージではない天候が目立ちます。
そして明日は35度を越えるとの予報。さすがに、我が家も今年初めてクーラーの出番でしょうか。
今日もPM 6:00過ぎて散歩したのですが、汗びっしょり。
今日に蝶はモンシロチョウです。
d0150702_2132732.jpg

蝶や蜻蛉は目が凄いですね。
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-05 21:33 | 散歩  

散歩の途中に・・

d0150702_19132147.jpg
最近散歩をする事が楽しみになってきました大体一日6,000歩程度を歩いています。(さっさではなくゆっくりです)
目的は筋力UPと心肺機能の強化です。これも来るべき入院に備えてなのですが時にはスナップを撮ります。このもそんな散歩のスナップです。
これを撮影していた時に小学生ぐらいの女の子が「おじさん、何を撮っているの?なんて蝶?」
と聞かれましたが残念ながら「ごめんねわからないんだよ」と答えるしかできませんでした。
何はともあれ只歩くだけのストイックな散歩ではなく途中で出会うものを楽しみにして続けたいものです。
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-04 19:25 | 散歩  

ソクラテスのカフェギャラリー

琴似にあるカフェギャラリーを訪ねました。
今この会場ではカラーボックスという三人展を開催中です。
私は写真を出品しているAKIEさんのフアンなので二回目の訪問です。
何時見ても心を癒されるAKIEさんの作品いいですね~。
会場ではワークショップも開催中で皆さん笑顔でマスコット作り和やかですね。
d0150702_12322850.jpg

私は、写真集、我が家の奥さんは写真のポストカード・手作りアクセサリーを買えて満足の一日でした。この展示会は8月22日までなので是非足を運んでみてはいかがでしょうか。
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-03 12:37 | 写真  

夏といえば

石狩河畔公園へ・・・
昨年7月後半にこの場所で蝉の羽化を撮影しました。
今年は天候不順で訪れるのが遅れたのです、案の定足元は水がぐっしょり。数日間降った雨で水が公園の道まで溢れていたのですでも、公園の周りでは蝉の声が聞こえていました。
近くの木には少しですが抜け殻を発見。
d0150702_8502743.jpg

こんな悪天候の中でも蝉の羽化は着実に始まっていたのです。
雨で増水し水が溢れた公園内で大変な苦労をして羽化した蝉、後少しの命ですが頑張って命を繫いで欲しいものです。
まだ羽化は続くのでしょうかまた見にきたいものです。
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-02 09:00 | 写真  

あるがままに・・

百合が原公園は百合の花、種に関して哲学を持っています。
それは在るがままに育てそして見せるという事です。ですから花壇の中には他の雑草が伸び放題の所もあります。
ある人が「こんなに荒れ放題で管理が悪い!」と投書したそうです、当時責任者だったAさんは 種を保存する為には生息環境に近い条件で成長させるのが大切。
と自説を貫き通しましたが、小さな立て札を建てその趣旨を説明するようになりました。
15年も前の話です。その時立て札で説明が必要ですよと鳥好きもさんにお話したものです。
さんは、ここでの業績により、東洋人で初めて英国アカデミーから百合の種の保存と育成の功績を認められ、表彰を受けました。彼の努力で、ここでは立派な百合が毎年見られるのです。
d0150702_1011187.jpg

何時も汚れた作業服を着て、ぼそぼそ喋っていたさん貴方の嫌いと言っていたなものは、花壇に許可無く入るカメラマンでしたね。貴方の業績は立派に引き継がれています。中にはマナーの悪い犬の飼い主、柵を無視するカメラマンもいますが、その数も減ってきたようですよ。
長年にわたりさんが口を酸っぱくして注意したお陰です。今は現場を離れたそうですが、お元気ですか?
[PR]

by hanatori48 | 2010-08-01 10:25 | 散歩